• Coto

コーンブレッド

ずっと前から家にある660g入りキャンベルコーンポタージュ缶を、ついに使う時が来た。

そのままスープにしたらとんでもない量になってしまうので

半分だけ使ってなんちゃってコーンブレッドを作るのだ。

生地を型に流し込んでオーブンに入れる。

あとは待つだけなのに、気になってずっとオーブンから離れられない。

ふんわり甘い匂いが漂い出す。

オーブンシートの壁が高すぎて表面が見えないけれど、

水分が少なくなって微妙に匂いが変わったのでアルミ箔を被せるタイミングだとわかる。

愛犬ぺぷしのためにパンやビスケットを焼いていた頃を思い出す。

まだ1年も経っていないのに、いろんなことがずいぶん変わった。

私はパンを焼かなくなって、かわりに花を生けるようになった。

髪型や部屋のレイアウトを変えた。

価値観とか世界の見え方も変わったと思う。

でも、パンを焼く楽しみは相変わらずみたいだ。

混ぜたり捏ねたりしてる間は、余計なこと何も考えない。

それが好き。

好きだった。

多分これからも好きだ。

最新記事

すべて表示

コーヒーのお点前

コーヒーを世界一消費する国といえばフィンランドである。 そのフィンランド大使が大使館を訪れた女優さんにコーヒーを振る舞う というシーンを偶然テレビで見たのだが、驚いたことにその大使ときたら コーヒー豆が入ったフィルターに電気ケトルのお湯を直接注いでるではないか。 それはもう豪快にドバーッと。 豆の上でのの字を書くようにとか、お湯は細く静かにとか、そんなことはお構いなし。 ドバーッと注いで暫く待って

読書

自分への誕生日プレゼントという言い訳のもとにKindleを買った。 今まで使っていたスマホやタブレットのアプリでも充分ではあったのだが、 長い時間本を読む時の重みと目の疲れに耐えられず、 ゴールデンウィーク前でセール価格だったこともあり、 迷いに迷った末、ついに購入に至ったのである。 実際手元で開くキンドルの画面は、 紙っぽい色味でコントラスト低めなモノクロの画面が目に優しそうである。 ワンテンポ

針を落とす

夜中だけれど涼しいので窓を開けてレコードを聴いてみた。 東ドイツ時代の初期盤がメインの、我が家のクラッシックレコード。 そんな激渋コレクションがうちにある理由は、 これをくれた人がバイヤーで、自身のコレクションがCD化されるほどのコレクターだったから。 クラッシックの初期盤に関してはたぶん世界でいちばん詳しいと思う、と豪語していたのは、 その偏執的と言っていいほどの執着やこだわりからするとあながち