• Coto

入学式

二卵性双生児の甥っ子たちが

今日入学式を迎えた。

初めてふたり別々のクラスになるらしい。

私は一卵性双生児で

妹とは保育園から別々のクラスになった。

身近な人間がそばにいる分

余計に不安になったのを思い出す。

未知の世界だけど、私はここでも強がらなきゃいけないと思ったから。

双子の妹は病弱で両親はいつも彼女につきっきりだった。

私は家でも外でも「強くてしっかり者の自分」を演じなきゃ家庭がうまく回らない。

子ども心にそう思ったんだった。

健気だったと我ながら思う。

反動で大人になったら全くだらしなくなったのだけど。

甥っ子たちにはもっと器用に生きていってほしいなあと思う。

双子は忘れ物も気軽に借りられる特権付きなんだから!

最新記事

すべて表示

ドライフラワー

木曜日、行きつけの花屋さんに行ったら 「明日たくさん花が入るよ」とのこと。 花屋さんの仕入れは、月水金なのだ。 生花は翌日買うことにして、 せっかくだから玄関の外に置くつもりのドライフラワーを買ったのだけど、 あまりに綺麗で私好みで、もったいないから部屋に飾った。 そういえば花屋さんには壁とか天井に たくさんドライフラワーやスワッグが飾ってある。 あれ、売り物だったんだ。 今まで花屋さんでドライフ

ヤマアラシのジレンマ

ヤマアラシは鋭い針毛を持っていても 仲良く寄り添うことができるそうだ。 私達が恐れる私達の針毛に 誰かを傷つける力なんて 本当はないのかもしれない。 自分の気持ちを、相手の言葉を、 きっと勝手に針毛にして 針毛は痛いと勘違いしているだけだ。 だから私は怖くても近づくほうを選ぶことにした。 恐る恐る世界に自分を差し出すほうを選ぶことにした。 ヤマアラシみたいに私は寄り添い合いたいから。

ベランダのミニバラが蕾を付けた。 冬に買ってきて育て方もよく知らず、 花が終わって葉も少なくなった 心許ないミニバラだった。 それでも、春が来たら蕾を付けた。 私はただ見ているだけ。 水をやり剪定をし時々肥料をあげるだけ。 咲いても咲かなくても 私がやることは変わらない。 咲くかどうかはバラが決めることだから。 私はただ受け入れるだけ。

© 2009 COTO PHOTOGRAPHY