• Coto

幽玄

最近「日本の美」に興味が湧いて、本を読んだりしている。

今までだって日本的な美意識はずっと好きだったし、意識しなくても幼い頃から身についた感覚だと思っている。

私が写真を撮る時 心地良いと思うのは足し算より引き算。写しすぎない、説明しすぎない写真が好き。

それもきっと日本的な美意識の影響だと思う。

それでも知っているようで知らない、侘び寂びだとか幽玄の美。なんでもっと前から学ばなかったんだろう。とてもとても奥が深い、気がする。

もっともっと知りたい。

ああ、茶道を習って花道を習って京都に住みたい極端な私がいるのである。

最新記事

すべて表示

コーヒーのお点前

コーヒーを世界一消費する国といえばフィンランドである。 そのフィンランド大使が大使館を訪れた女優さんにコーヒーを振る舞う というシーンを偶然テレビで見たのだが、驚いたことにその大使ときたら コーヒー豆が入ったフィルターに電気ケトルのお湯を直接注いでるではないか。 それはもう豪快にドバーッと。 豆の上でのの字を書くようにとか、お湯は細く静かにとか、そんなことはお構いなし。 ドバーッと注いで暫く待って

読書

自分への誕生日プレゼントという言い訳のもとにKindleを買った。 今まで使っていたスマホやタブレットのアプリでも充分ではあったのだが、 長い時間本を読む時の重みと目の疲れに耐えられず、 ゴールデンウィーク前でセール価格だったこともあり、 迷いに迷った末、ついに購入に至ったのである。 実際手元で開くキンドルの画面は、 紙っぽい色味でコントラスト低めなモノクロの画面が目に優しそうである。 ワンテンポ

針を落とす

夜中だけれど涼しいので窓を開けてレコードを聴いてみた。 東ドイツ時代の初期盤がメインの、我が家のクラッシックレコード。 そんな激渋コレクションがうちにある理由は、 これをくれた人がバイヤーで、自身のコレクションがCD化されるほどのコレクターだったから。 クラッシックの初期盤に関してはたぶん世界でいちばん詳しいと思う、と豪語していたのは、 その偏執的と言っていいほどの執着やこだわりからするとあながち